ロゴ
HOME>特集>使わなくなった重機は買取を選ぶのが賢い処分方法

使わなくなった重機は買取を選ぶのが賢い処分方法

作業員

重機の種類とは

工事現場で使っている重機が古くなってしまったならば、処分してしまうよりも買取業者に任せるほうがおすすめです。こういった現場で使われてきた重機は自走できなくなった物などもかなりあり、それが原因で買取査定がつかないことも多くあります。しかし、動かない重機であっても需要はしっかりと存在しており、そのことをよく理解しておけば高額買取をしてもらうことは十分に可能です。重機は中古トラックの処分よりもかなり面倒な手続きをしなければ手放せませんが、必要書類をそろえておけば買取業者に代行してもらうこともできます。ユンボなどは高額に査定してもらえますが、フォークリフトなどでも海外を視野に入れれば意外な価格がつくこともあるので、業者はよく吟味しましょう。

模型

重機専門の買取業者を活用しよう

重機買取を専門とする業者は多数あり、ユンボからブルドーザーなどの大きなものから、フォークリフトなどの小さいものまでまとめて依頼できます。ブルドーザーなどを買取ってもらうのは事前の稼働チェックや清掃などでかなり苦労しますが、金額が高くなることを考えれば手抜きはできません。買取業者も海外への販路を持っているところであれば自走できない、油圧ジャッキが動かないなどでも問題なく買取をしてくれます。向こうは日本と違って法律が緩いこともあるので、最低限の動作ができれば問題ないと考えて買い取ることも多くあるのです。こういった事情があることをしっかり理解し、重機の処分を進めていけば、次のものを買うときにより良いものを購入できるようになるでしょう。